脱毛はエステでしてはいけないの?

ミュゼプラチナム広島

脱毛を考えた時には、この言葉が気になる人って多いですよね。

 

脱毛行為自体が、一定の熱を人体に照射するので、火傷などの損傷が起こることがあるんです。この火傷は適切が処置をしないといけません。一番はすぐ冷やす事につきますが、それでも、水ぶくれや赤く腫れたりすることがあります。医者がいることで、適切な対応ができます。他人の身体に対して、危険が伴う行為は医師でない者が行うことはできません。法律でも定められています。

 

「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線またはその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為は、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第 17 条に違反する。」と明文化されています。

 

これに対して、エステで行う脱毛行為は、違反しているのではないかと考える人もいますよね。医療脱毛と差別化を図るために、厚生労働省医事課との意見交換等を踏まえて、日本エステティック工業会は、独自の規制を設けています。マシンは、人体に影響を及ぼさないように、「美容ライト脱毛機器適合審査」に適合し安全性が確保された機器を使用することを義務付けています。

 

医療脱毛とハッキリした区別がつくように美容ライト脱毛と呼んでいます。除毛・減毛の範囲の脱毛になります。なので、脱毛サロンで行う脱毛行為は、痛くない、肌に負担がかからない、しかし、脱毛速度が遅くなるという特徴がでてくるのです。でも、出力が少ない為に広範囲の脱毛が可能で、医療脱毛に比べると範囲が広く脱毛できます。肌に負担がかからないのもそうですが、美容効果が高いのも特徴です。値段も医療脱毛に比べると、ドンと下がります。脱毛効果自体は、持続性があって再び生えてくるということもありません。